page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
不思議なインク~パイロット ブルーブラック~(雑記)
万年筆のインクで,
・安い
・耐水性あり
・染料
という不思議なブルーブラックがある.


パイロットのブルーブラックは, 古典ブルーブラックじゃないのに何故か耐水性がある.
しかも安くて売ってる場所も多い.

カートリッジは12本で400円+税. 正直これだけあれば相当持つ.
瓶は30mlで400円+税.
プランジャー吸入式対応の70mlは1000円+税と少し高め(パイロット基準)だが,
ポン酢とか呼ばれてる350mlは驚異の1500円+税.

個人的には
70ml瓶を一回買って使いきったら, 30ml瓶を買ってきて70ml瓶に移し替えて使う
のが良いと思う.
このリザーバーは優秀だから, 一つは確保しておきたい.

そして色もインクフローもいい(個人の感想です)

これだけ揃ってるのに, 染料インクのくせに何故か耐水性もある.

そんなブルーブラック30ml瓶にパイロットのカートリッジインク(ブラック)
を投入すると, 何故か耐水性が格段に上がる.
1本なら色はほぼ変化しない.
これは2ちゃんねるのインク瓶スレの過去ログを漁っている時に見つけた.
自分でも実験して驚いた. 謎だ.


そんなパイロットのブルーブラックにも弱点がある.
それは他社のブルーブラックインクと比べるとにじみやすく裏抜けしやすいこと.
これはフローが良いお陰だと思う.
しかし, M以下の細さなら, 万年筆で気分よく書くことができる紙なら問題は起こらない.
例えばコクヨのルーズリーフとか.
話のわかるやつだ.
ツバメノートも抜けない.
B以上の太さでどうなるかは知らない. 持ってないから.

パイロットの万年筆でブルーブラック使うなら, パイロットのブルーブラックで良い. 悩む必要は無い.
このように確信するまで, 随分とインクジプシーしてしまった.
キャップレスならブルーブラックカートリッジで確定だと思う.

でもキャップレスは朱入れに使いたいから, 複数持ちもありかもしれない.
そんなにたくさんの万年筆を買うお金がほしい.







関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 文房具, たまに数学とか. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。