page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
廉価万年筆で遊ぶ 3 ~プレジールってどうなん?~
今回はプラチナ萬年筆から発売されている“プレジール"です.


総評: 書くことだけを考えたらプレピーの方が好み. しかし, 値段と作りのおかげで使い道はたくさんある.


以下詳細.

太さのラインナップは細字(0.3相当), 中字(0.5相当).
軸色の展開は多い. 公式サイト参照. ペン先は安く取り替えられるから. 軸色だけ考えて買えば良いよ.
当然のようにスリップシール機構搭載.
1000円+税

キャップを尻軸に挿した状態と0.3で書いた文字です.
色はアイスホワイト. 実物は普通のシルバー.
インクはプラチナのブルーブラックカートリッジです.
2016032714260000.jpg

よく知られているように,
ペン先がプレピーと共通です.
なので, ペン先が壊れたらプレピーを買って付け替えましょう.
2016032714270000.jpg

0.2を付けてみました.
インクはペリカンのブルーブラックを空カートリッジに入れたものを使いました.
プレピーは0.2が一番良いと思う. 100円しか違わないはずなのに, それ以上の差を感じる.
2016032714290000.jpg

デスクペンのペン先とも互換性があるみたいですよ.

使い道・・・以下のような希望があるときに, プレジールは選択肢に上る.
万年筆を持って行きたいが破損汚損紛失のリスクがある
クリア軸や周りに文字が書いてある物は避けたい
クリップが必要
極細が必要

特に, これらすべて必要なときにはプレピーが最良だと思う.
ただし, クリップも極細も要らないなら, 俺はパイロットのカクノを選ぶ.

また, プレピーには, サインペン蛍光ペンもあるので,
その互換軸にもなる.
これはプレジールにしかない利点だと思う.
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© 文房具, たまに数学とか. all rights reserved.
まとめ
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。